トップ

治療部位と使用種類情報

奥歯インプラントの重要性

使用するインプラントの長さは大事です。奥歯は食べ物を柔らかくして摂取するのを助ける為の歯として、問題がある場合には、消化にも影響を及ぼし、消化不良や胃腸障害などを引き起こす可能性がある重要な歯です。そのため、手術の際にも熟練した歯科医師の正確な診断のもと施術必要があります。下の歯の場合、神経と近くに位置するため、適切な長さのものを選択して、神経の損傷に特に注意しなければなりません。人工歯根と既存の歯の間の適切な間隔は非常に重要です。既存の歯との間が離れすぎると、その間に食べ物が過度に詰まることになり、近すぎると横奥歯の根に損傷を与える可能性があるので注意が必要です。

インプラント 専門医で安心の治療を。
虫歯や歯周病が進行して歯を抜いてしまった方は、他の歯への負担が心配です。こちらでの治療がお勧めです。見た目もいいですよ。

奥歯の治療の難易度とケース

インプラント 神戸で手術できる歯科をお探しならこちらがおすすめですよ。インプラントで自然な笑顔になれるはずです。精神的にも明るくなれます。無料のメール相談も可能ですよ。

インプラントの治療は、奥歯よりも前歯の方が難易度が高く、下の歯よりも上の歯の方が難易度が高くないます。この難易度に従って、治療費も変わってきます。難易度の高い部分の治療費の方が高くなります。顎に問題となる組織がある場合や神経がある場合などは、埋入できない場合もあります。奥歯のインプラントは、顎の骨に幅があるため太い形状のものを使用します。また、口が開けづらい患者さんの場合には、型取りや手術の際に器具を入れるのが難しく、患者さんにとってかなりの疲労がでてしまう場合があります。以上のことを確認し治療を行いましょう。